家族構成や年代別に必要となる保険の保障

年代や家族構成などによって、選ぶべき生命保険や必要な保障には違いがあります。まだ若い20代から30代の未婚の人であれば、お葬式代としての死亡保障に、けがや病気のための医療保障、老後資金を考えるなら貯蓄性にも注目です。子供がまだいない20代から30代の既婚者ならば、生活費を考えての死亡保障の契約も視野に入れます。子供がいる場合はもっと視野を広くする必要があるので、お葬式代と生活費と子供の教育費も含む死亡保障を検討することです。また子供を育てるあたり、老後資金だけではなく進学資金も、貯蓄性として考えるようにします。40代になったら健康面に不安を感じることも多くなので、けがや病気にがんなどにも備えた、医療保険を検討する年代です。50代に入るとさらにシニアに向けての健康費用に向けて、介護も含めての医療保険を視野に入れます。60代以上のシニア世代なら、お葬式代の死亡保障に、がんや介護にけがや病気の医療保障の保険を検討することです。