保険に入って何もなければ金銭的には損が基本

保険に加入する側はあまり知識がないので加入しようかどうか迷うときがあります。外交員やファイナンシャルプランナーなどに対しての質問として加入した方がいいかどうかがあるでしょう。この質問は質問を受けた側からすると非常に困ると言えます。それは何かトラブルが生じてお金を受けられるのであれば得になるケースが多く、逆に何も起きずにお金を受けられなければ掛け捨てになってしまうからです。そして損するか得になるかは加入前に知ることはできません。お金が増えるかどうかだけを考えると保険は何もトラブルが起きなければ損になるケースが多いです。積み立てを目的したものや終身で加入するものの中にはプラスになるものもありますが、定期に加入する物や損保に関してはほぼ何も起きなければ払った分が損になってしまいます。ただ支出はあってもトラブルが発生するかもしれない心配を減らす役割があります。安心が得られる面で得があるためお金が得られなくても加入した方が良いとされます。